メニューを隠す

海外で水道水は飲める!?

 海外旅行中にお腹を壊したという土産話をよく聞くので、渡航先の水道事情については事前に調べておきたいもの。海外では、飲食店で飲料水が無料で出てくることは少なく、ミネラルウォーターを注文・購入することが常識となっています。このような水事情においても、日本と同じように「水道水をそのまま飲める国」が存在するのでご紹介します。

海外では水道水が飲めるのは14か国だけ

 国土交通省の資料によると、水道水がそのまま飲める国は、フィンランド、アイスランド、アイルランド、スロベニア、ドイツ、オーストリア、アラブ首長国連邦、ニュージーランド、南アフリカ、モザンビーク、レソト、ナミビアの12か国に加え、データが一部地域しかないストックホルム(スウェーデン)とシドニー(オーストラリア)となっています。


海外で水道水が飲める国

※出典:国土交通省 土地・水資源局水資源部 平成16年版「日本の水資源」


 上記以外にも、実際には水道水を飲めるけれどもデータがなく調査対象から外れている、飲用水としてはミネラルウォーターを購入するという習慣が根付いているなどの国・地域もあります。ただし、水道水が飲めるから安心ということではありません。水質が日本と異なることや、不慣れな環境でのストレス、体力の低下等によって水が身体に合わず、体調を崩す場合もありますのでご注意ください。心配な方は、現地でも日本で飲んでいるミネラルウォーターの銘柄を購入する、腹痛用の薬を持参するなどして対策しましょう。


もし腹痛になってしまったら

 日本とは異なる水や食べ物で少しお腹が痛くなっただけと自分で診断せずに、「t@bihoサポートライン」(24時間・365日、日本語対応)に直ぐに連絡して医師の診察を受けましょう。また、もしも海外旅行保険に加入せずに渡航してしまった場合は、旅行会社のスタッフやホテルのフロントに相談してみましょう。


■腹痛に関連する海外での事故実例

腹痛に関する海外での事故実例

※弊社海外旅行保険における2017年度(アメリカ合衆国)および2016年度(ネパール)の事故実例